「顎関節症」放置していませんか? 連載開始!

中山にある歯医者さん、予防と丁寧な説明を心がけています岸歯科医院 スタッフ樋渡です。

新しい連載をまた始めてみました。

私の子供も中2。反抗期がそろそろ・・・

そして実は今回の連載のテーマ、「顎関節症」もこのくらいの年齢から発症することがあります。

今回は顎関節症の症状についてです。

①開閉時にカクカク鳴る

これはクリック音というものですね。顎関節症の特徴的な症状です。

関節円板という軟骨がずれて音が聞こえるようになっています。

細かく言うと音が鳴る時期についてもアーリー、ミドル、レイトと3つに分かれています。

②痛くて口が開けられない

これはクローズドロックというもので開けようとすると「ググッ」とかなりの抵抗があります。

強い痛みを伴ったり、逆に咬むときに痛みを感じます。

代表的なものをあげましたが、ほかにもクリック音ではなく「じゃりじゃり」という音や、振動を感じる人もいます

痛みを伴わない場合、患者さん自身は全く症状を言わない人もいます

③口が閉じられない

これはオープンロックと呼ばれるものです。いわゆる「あごが外れた」ですね。

この症状も顎関節症なんですよ。

細かく分けるとまだあるのですが、皆さんにはこんな症状は出ていませんか?

思い当たる方は歯医者さんへの受診をおすすめします。

さあ明日は学校検診。私は次回の担当ですがなんだかドキドキしています。

それでは。

 

関連記事

  1. 歯の豆知識「根っこの治療」

  2. 歯の豆知識「知覚過敏」

  3. 新年の目標

  4. 岸歯科医院のこれオススメ!第3回

  5. 「栄養相談室」 連載第6回

  6. 「歯を長生きさせよう!」 第5弾