岸歯科医院の食育コラム 第6回

中山にある歯医者さん 元気な挨拶と向上心を忘れない 岸歯科医院スタッフ岩瀨です。

今回のテーマは「食生活指針」

難しい感じですが、これまで子どもたちの食事についてコラムは続いていましたので、

今回はその子供達を育てるお母さんについてです。

お母さんたちはどんな食事を摂ればいいのか?

少し調べてみましたがもう少しで栄養士になってしまいそうだったので、やめました。

そこで基本に戻って調べてみると・・・

こういったのがありました

食生活指針 10項目 (2000年 厚生省、農林水産省、文部省作成)

  1. 食事を楽しみましょう
  2. 1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを。
  3. 主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
  4. ご飯などの穀類をしっかりと。
  5. 野菜・果物、牛乳・乳製品、豆腐、魚なども組み合わせて。
  6. 食塩や脂肪は控えめに。
  7. 適正体重を知り、日々の活動に見合った食事量を。
  8. 食文化や地域の産物を生かし、時には新しい料理も。
  9. 調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なく。
  10. 自分の食生活を見直してみましょう。

どうでしょうか?

栄養が、ビタミンが、DHAが、と言う前にこういったことはとっても重要ではないでしょうか?

私なんかはついいつい4.や6.なんかが大変なことに・・・

そして1番は適度に食べるということなんだなと思いました。

この回でこの連載も終了です

また新しいテーマを見つけて皆さんへの参考になればと思います。

コラムを読んでくださった皆さんありがとうございました

 

 

関連記事

  1. 皆さん、フッ素って何のためにするのでしょうか?

  2. 「さつまパイロットクラブ」さん、ありがとうございました

  3. キッズイベントの反省

  4. 「歯のニュース」 第11弾

  5. 8月が終わります

  6. 子供達の予防のために