歯の豆知識「子供の虫歯」

お久しぶりです。院長の岸克自です
やっとブログが書けるようになりました。
でもまだまだ新しいシステムに慣れていません。
ホームページの方もゆっくりではありますが、更新をしていきます。
さて今回の豆知識は「子供の虫歯」
昔と違って虫歯や歯並びの意識が高くなっていますが、まだまだだと感じることも。
皆さんは小さいとき、どうでしたか?
生え変わるからと言ってそのままでもなんて考えていませんか?
「乳歯のむし歯をそのままにしておくと、お口の中がむし歯菌に侵されてしまいます。
永久歯がはえきる前に出たての永久歯がむし歯になってしまったり、
あるいは乳歯の間がむし歯になることで後ろの歯が倒れてきてすき間が減少し、
その結果、永久歯が出てくる頃にはすき間が少なくなったために、
ガチャガチャな歯並びになってしまうこともあります。
 当たり前のことですが、乳歯のむし歯も大きくなると激痛が起こります。
むし歯が大きくなり、神経も侵されてそれ以上に悪くなると神経が死んで、
今度は乳歯の根の先に膿(うみ)をつくってしまいます。
それを放置すると、その下にある永久歯の表面がボソボソになる場合があります。
以上のことが起こらないように、食後や寝る前の歯磨きを徹底すること、
さらに保護者による仕上げ磨きが大切になります。
 乳歯は永久歯が一人立ちするまで見守り、役目を終えるとバトンタッチします。
まるで乳歯が親で、永久歯は子どものようです。」
ということも言われています。
やっぱり放置してはいけませんね。
しばらく検診してないようなら受診してみてください

関連記事

  1. 指しゃぶり どうやってやめさせるか

  2. 花見の季節が近づいてきました

  3. 魚を釣りに

  4. スポーツと虫歯

  5. 熊本での地震

  6. 「夏季休暇」終わりました