歯の豆知識「加熱式たばこ」

中山バイパス沿い、予防と丁寧な説明を心がけています岸歯科医院スタッフ森です

9月も終わりに近づいて、朝晩は少し冷えてきました。

今年は天候不良の日が多く、野菜が軒並み上がっています。

もやししか・・・

さて今回は「加熱式たばこ」と「新型たばこ」

数年前から発売され、たばこをひけめに感じていた方や子供への受動喫煙を心配していた方、

何より流行りにのっかった方に大変人気でした。

しかし今、少しづつ情報が集まり、いろんなことが分かってきました。

ココではその報告をしたいと思います。

尚、「新型たばこ」は「加熱式たばこ」と言って葉たばこを加熱するもの、それ以外は「電子たばこ」に分類され、

以前からのたばこは「紙巻きたばこ」となります。

ちなみに電子たばこは玩具扱いなんです。

2019年度大阪国際がんセンターの報告からですが、受動喫煙による急性症状は「紙巻きたばこ」より「加熱式たばこ」

の方が高いという結果が出ています。

但しこれは急性症状7項目のうち2項目「喘息発作」と「胸の痛み」に限ってですが。

しかし、この研究から「加熱式たばこ」は呼吸器と循環器に悪影響を及ぼすことが示唆されています。

次に新型たばこと紙巻きたばこの歯周病への影響です

これは韓国の研究結果からですが歯周病になりやすいのはどのたばこなのか、ということを調べた結果

なんと「新型たばこ」の方でした。

非喫煙者を1とした場合、紙巻きたばこは2.17、新型たばこは2.34 となっています。

結論として両方のたばこを停止しないと口腔内の健康の維持は保てないことが分かりました。

どうでしょうか?

ニコチンがなくなると言っていたはずなのに・・・

実はたばこの中にはたくさんの有害物質が含まれています。

新型たばこはそのうちのニコチンを減少させるだけ。

その他はしっかり吸い込んでいます。

また、意外な研究結果も。

新型たばこの香りについてです。

フレーバーの中には甘未成分や香料が含まれています。

実はこの成分に虫歯の元であるミュータンス菌が付着しやすいことが分かりました。

(紙巻きたばこはヤニに付着しますが。)

どちらにしてもタバコを吸うことにいいことはなさそうです。

禁煙でなくとも減煙。

減らす方向でいきませんか?

特に受動喫煙の害はとても深刻なものになる事はあまり知られていません。

皆さんのパートナーがタバコも吸っていないのに呼吸器の病気になったりしたらどう感じるでしょうか?

是非ご検討ください

 

 

 

 

関連記事

  1. 歯のニュース 第4弾

  2. 「歯のニュース」第7弾

  3. 屋台村に行きました!

  4. この文章が読めますか?

  5. 「AMR」を知ってください。 新連載!

  6. ハロウィンの飾り付けをしました