新連載!「栄養相談室」

中山にある歯医者さん、子供たちの食事と歯並びが気になる歯科医院 岸歯科医院 スタッフ樋渡です。

10月になり、だんだん涼しくなってきました。

あとは台風がこれ以上来てほしくないということでしょうか。

さて岸歯科医院はスタッフが新しくなりました!

後日改めて紹介していく形になりますが、とても若い上に美人さんです。

新村さん、岸歯科医院でぜひ頑張ってください!

さて今回からまた始まりました、連載物。

今回は少し長くという指示が出ています。というのは結構こういった相談を受けるからです。

「栄養相談室」というテーマですが、特にお母さんたちに読んでほしいなあと思って書いています

今回の相談は「食が細い、大丈夫なのでしょうか?」というご相談です。

確かにお母さんにとっては心配ですよね。

また小学校に通うようになると、給食を残さず時間内に食べないとという問題が・・・

こういう時はまずお子さんをよく観察してあげてください。

どんな時に食欲があるのか、生活のリズムの中でいつが一番食べているのか。

「空腹は最高のごちそう」という言葉もあるように、おなかをすかせる、という感覚を持たせることも大事です。

だらだらと間食があっては空腹感もありません。

また偏食や遊び食べ(TVを見ながら等)もよくありません。

以上のことを観察してよく食べるように工夫しましょう。

もう一つ、歯医者さんからは・・・

一番はあごが細くなるということ。

食が細いということは咬む回数そのものが少ないのです。

昔といってもはるか昔の時代と比べると加工品が多くなり、咬む回数はかなり減ってきました。

やはりそれに伴って子供たちの顔は変化しているようです

あごが細いと歯並びに影響が出ます。

不安に感じているお母さんたちはぜひご相談ください。

次回は岩瀨さんです!よろしくお願いします。

 

 

 

 

関連記事

  1. 鹿児島市民すこやかプラン

  2. キッズイベントの反省

  3. 歯の豆知識「ノルウェーの歯医者さん」

  4. 歯周病とメタボリックシンドローム 第2回

  5. 節分の日です

  6. 歯の豆知識「知覚過敏」