患者さんからの相談に答えます! 連載第2回

中山にある歯医者さん、予防と丁寧な説明を心がけています 岸歯科医院スタッフ 神園です。

今回は「咬み合わせ 」です。

昔からそうですが、急にアゴが痛くなる、口が開かなくなる、と言った症状で来院される方がいらっしゃいます。

患者さんの殆どは原因がわかっていないことが多く、

放置している方もいます。

この症状は「顎関節症」と言って、顎の関節が痛んできています。

メカニズムは少し難しいのですが、放置してもあまり日常生活に支障がないので、かえって厄介な病気です。

岸歯科医院でもよく別の治療をしている方で気づくのですが、

「10年位前から」とか

「気にしてないけど」という方が多いです。

しかし、

「気にして下さい」

岸歯科医院のHPで顎関節症の項目を見てほしいのですが、

全身に症状が及んでいることもあります。

そして顎関節症の原因は「口の中」よりも「体の姿勢」などにあることがよくあります

私も生活の習慣で引き起こすことがあるとは思っていませんでしたが、

患者さんの話を聞くと姿勢を正すようにしていくと結構改善しているようです。

次回はスタッフの岩瀨さんです。

 

 

 

 

関連記事

  1. 「歯のニュース」第6弾

  2. 「顎関節症」放置していませんか? 連載開始!

  3. 患者さんからの相談に答えます!連載第1回

  4. これが食べたくなって 連載第2回

  5. 新しいスタッフです!

  6. 「歯のニュース」第9弾